OKANO DENTAL CLINIC SAKYO-KU,KYOTO 2017

開放感を与えるという事は歯医者において重要なものと考えます。
ホテルのレストランの様な公共的な施設において、見せることによって与えられる安心感から、オープンキッチンというのは主流になってきており、
歯の治療にこられるお客様が院長さんやスタッフさんが動いているところを見て、
安心感をもってもらい、同時に働く側に緊張感も与える事ができ、意識が持続すると考えます。
空間はモノトーンを基調にキッズスペースにはマグネットで遊べる壁、和とも洋ともバランス良くとっており、時とともに味を感じて頂ける本物志向の素材で、地域になじみながらも、エッジの効いたデザイン。

sour KYOTO 2016

コミュニティ、ストリートのつながりを大事に作り上げてきたソリレスの2号店、
京都の夜をもっと楽しくするという思い、
京都から東京、海外に展開出来る物はたくさんあり、
アウトプットのレベルを上げ、ブランド力をつける事で、
さらなる展開を可能とするNEW PROJECT.

オーガニック=ナチュラルというイメージがあるか、
だれでも健康的や安全なものを飲食するという事が好きなのに変わりはなく、
オーガニック x サワーやジャンク を掛け合わせる事で、
陰と陽のようにお互い引かれ合いDARさんのセレクトを体現できる場所。

TonChinKan OSAKA 2016

創業80数年、試行錯誤しながらも、
人とのつながりを誰よりも重んじているからこそ、そこに行けば面白いスタッフに会えるお店、そのスタッフの皆様がひとつの家族のように働く空間となり、何よりも人を大事にしてきた「とんちんかん」。 その歴史が詰まっただしをスープ提供する形をとることで、残す物と残さないものを選別し、さらなる味をだす。
歴史の層を表現する為の土壁、
地域密着型を表現した民藝を色とりどりの陶器で表現。
モダンと和と暖かみをミックスした空間。